車のカラーと特徴

現代では車もおしゃれの一部となっており、様々なカラーの車が販売されています。自分の好みに合わせた車を購入するのも良いですが、汚れや傷が目立ちやすい色もあります。

  • 塗装の劣化が目立つ赤色や黄色

紫外線や雨、風によって塗装は劣化していきます。どの車も避けては通れない劣化ですが、その状態が特に目立つのは赤色や黄色といった明るい色です。赤色は変色が目立つことが多く、色落ちもすぐに分かってしまいます。黄色も少しくすむと古い印象を与えてしまいます。

  • 黒色は汚れが目立つ

黒色は重厚感があり、車のデザインをかっこ良く見せてくれます。しかし、黒色は汚れが目立ちやすい色でもあります。車が汚れる原因の多くは走行中の排気ガスや砂埃などの白色に近い汚れですので、黒色の塗装に付着してしまうとすぐに分かってしまいます。こまめに洗車ができないという方は、自動車コーティング剤で汚れがつきにくい環境を整えましょう。

  • シルバーは汚れが目立ちにくい

先述したように、主な車の汚れは白色に近いです。汚れに近い色であるシルバーが最も汚れが目立たない色であるといえるでしょう。飽きが来ない定番カラーでもあるので、年齢や性別に関係なくどなたにも似合う色です。

  • 部分塗装しにくいのはパールカラー

傷や塗装の劣化によりカーボディの再塗装を考えることもあります。車全体を塗装するのなら良いのですが、部分的に塗装を考えているのであれば、パールカラーには注意が必要です。パールカラーは下地の上にパール層を塗り、さらにその上にカラーを施します。3層構造になっているため、部分的に再塗装をすると周囲の色と合わせるのが難しいのです。

このように色によって様々な特徴があります。汚れや傷、再塗装の手間を少なくするためにも、ボディコーティング剤をご活用ください。当サイトでは、撥水コーティング剤や無機質コーティング剤のほか、車内クリーナー、シャンプーなどを通販にて取り扱っております。美しい車を保つために、是非ご活用ください。

ガラスコーティングの種類 | ガラスコーティングのメリット | 洗車する際の注意点 | ボディのコーティング方法 | 長く乗るためのコツ
ガラスコーティングとワックスの違い | カーボディが傷つく原因 | 塗装ダメージが起こる環境 | 車のカラーと特徴 | 車内の汚れやすい部分