塗装ダメージが起こる環境

塗装が劣化すると、とたんに車の見た目が悪くなってしまいます。外出の際に使う車は多くの人から見られます。素敵な愛車を周囲にアピールするためにも、塗装ダメージを作らないように気をつけましょう。塗装ダメージが起こる環境をご紹介します。

  • 青空駐車場

カーポートや外壁、ガレージなどがなく、屋外にそのまま車を放置していると、塗装のダメージはすぐに蓄積されてしまいます。車の塗装は紫外線にあたることで硬化し、変色が起こったり塗装が剥がれたりします。青空駐車場は一日中紫外線を浴びているため、劣化も激しくなります。また、雨や風もカーボディに直接吹きつけます。雨に含まれる大気の汚れが塗装に付着し、さらにそれがウォータースポットとなって劣化を早めてしまいます。ウォータースポットとは、塗装の上に水滴が残った状態で日光にあたることにより、水滴がレンズとなって一部分に紫外線が集中し、劣化してしまうことです。水滴上のシミが無数に広がり、塗装がクレーター状に陥没してしまいます。さらに、塩分やミネラルが水滴に含まれると、乾いた時に塗装にシミを作ってしまいます。どちらも炎天下の中でカーボディが濡れた際に起こります。酸性雨やシャンプーのすすぎが不十分な時にも、乾燥する際に酸濃度が濃くなりクレーターを作る原因になります。炎天下での水滴の放置は厳禁です。きちんと拭き取りを行うことをおすすめします。

  • 青空駐車場での自動車カバー

紫外線や雨を避けようと考え、青空駐車場で自動車カバーをかける方もいらっしゃいます。しかし、炎天下の中で自動車カバーをかけるとカバーの内部が蒸れてしまい逆に塗装に悪影響を及ぼしてしまいます。車内に設置されている機器も高温により故障する可能性があります。また、カバーの下から風が吹きつけるとカバーと車の間に砂が入ってしまいます。カバーが風に煽られてボディと擦れてしまうと、塗装に傷がつく原因となります。青空駐車場での自動車カバーはおすすめできません。

青空駐車場で車の塗装を守るには、洗車をして汚れを落とすこと、ガラスコーティング剤を使用して汚れがつきにくい状態にすることが大切です。当サイトではプロ用のガラスコーティング剤を通販にて取り扱っております。個人用・業務用にもお使い頂けます。是非、車の塗装の保護にお役立てください。

ガラスコーティングの種類 | ガラスコーティングのメリット | 洗車する際の注意点 | ボディのコーティング方法 | 長く乗るためのコツ
ガラスコーティングとワックスの違い | カーボディが傷つく原因 | 塗装ダメージが起こる環境 | 車のカラーと特徴 | 車内の汚れやすい部分