ガラスコーティングとワックスの違い

車
愛車を美しい状態でキープするためには、日々のお手入れがかかせません。洗車をするのはもちろん、ボディコーティングも重要です。

ボディの輝きを出すには、ワックスやガラスコーティングをする方法があります。

  • ワックス

ワックスを塗ることによって、カーボディに艶と光沢を与えることができます。ボディの色によってワックスの種類を選ばなければならず、異なった色では良い色艶を出すことはできません。きちんと愛車の色を把握した上で選びましょう。固形ワックスは施工がしやすく、水を使って伸びを調整することもできるので、初心者でもムラなく塗ることができるでしょう。また、撥水性も高いので、ワックスを施した車は拭き取りも楽に行うことができます。しかし、ワックスはこまめにメンテナンスを行う必要があります。理由としましては、ワックスが維持されにくいという点があるからです。洗車や雨の後は流れだしたワックスでガラス窓が汚れることもあります。また、炎天下の状態で車を放置していると、ワックスの成分が劣化して黒ずむこともあります。カーポート付きの車庫やガレージではなく、屋外に駐車場がある方はワックスよりもガラスコーティング剤を使用することをおすすめします。

  • ガラスコーティング

一方ガラスコーティングは、塗装の表面に膜を張って光沢を出します。傷や汚れの付着を防ぐので、ガラスコーティングを施した後は水洗い洗車でも十分に綺麗になります。ワックスよりも持続性が高いという長所があり、何度も塗り重ねることで被膜が厚くなり、細かい傷や凹みもつきにくくなります。ガラスコーティングを自分で施工するのなら、新車がおすすめです。中古車はすでにボディに傷がついており、その上からコーティング剤を塗ってしまうとその傷もコーティングすることになります。綺麗な艶を出すことができません。中古車のコーティングは傷の修理をする下処理を先にしなければならないので、専門業者に依頼した方が綺麗に仕上がります。ガラスコーティングの上からワックスをかけることも可能です。ワックスをかけることによりコーティングが保護されるので、コーティングを長持ちさせることができます。

ガラスコーティングの種類 | ガラスコーティングのメリット | 洗車する際の注意点 | ボディのコーティング方法 | 長く乗るためのコツ
ガラスコーティングとワックスの違い | カーボディが傷つく原因 | 塗装ダメージが起こる環境 | 車のカラーと特徴 | 車内の汚れやすい部分