ボディのコーティング方法について

当サイトは通販にて、自動車コーティング剤などの販売を行っています。
当サイトでは、撥水加工の撥水コーティング剤や無機性構造となっている無機質コーティング剤などの自動車コーティング剤をご用意しています。品質の良い自動車コーティング剤をお探しでしたら、是非当サイトをご利用ください。

しかし、コーティング剤の購入をしてもコーティングは初めてで、使い方がイマイチわからない方も中にはいらっしゃるでしょう。そこで下記にて、そのような方に向けてボディのコーティング方法についてご紹介します。


ボディのコーティング方法


手順①ボディのコーティングをする際にはまず、自動車をしっかりと洗いボディの汚れを落としてください。

手順②洗車が終わると、ボディに水をかけ粘土クリーナーで全体をこすりましょう。粘土クリーナーを使用するのは、ボディに付着した様々な異物を除去するためです。

手順③粘土クリーナーは指の付け根で持つようにして、水をかけながら縦横にこすります。こすった後、掌でざらつきがないか確認して、ざらつきがなければ濡れたクロスでしっかり拭き取りをしましょう。

手順④粘土クリーナーでざらつきの除去をしたら、次はボディの汚れや小さな傷を取り除きます。この時コンパウンドを使用し、ボディを縦横にこすってください。

手順⑤コンパウンドの作業が完了するとボディ全体を拭き、コンパウンドの油脂分を除去しましょう。

手順⑥そして手順①~⑤まで完了すると、いよいよボディコーティングを行います。ボディコーティングを行う際には、ボディに水分が完全にない状態で行うようにしましょう。ボディコーティング剤を2、3適クロスに含ませ、縦横に塗ってください。この時、コーティング剤は一度にたくさん塗ってもあまり意味がないので、縦横1回ずつ程度を使用し、薄く塗り伸ばすのがおすすめです。

手順⑦コーティング剤を塗り終わり、1時間程度乾燥させたら拭き上げ用のクロスを用いてバンパーやドア、トランク、ルーフ、ボンネットなどをパネル毎に吹き上げてください。


以上が、コーティング方法となります。 是非上記のコーティング方法をしっかりと覚え、愛車をキレイに保つようにしましょう。


ガラスコーティングの種類 | ガラスコーティングのメリット | 洗車する際の注意点 | ボディのコーティング方法 | 長く乗るためのコツ
ガラスコーティングとワックスの違い | カーボディが傷つく原因 | 塗装ダメージが起こる環境 | 車のカラーと特徴 | 車内の汚れやすい部分